アメリカ中西部を襲った猛吹雪、衛星が目撃[動画]

宇宙 テクノロジー

AIRS赤外線イメージ
  • AIRS赤外線イメージ
  • NASA webサイト
NASAと人工衛星『ノア(NOAA)』は、アメリカ中西部に1フィート以上の雪を積もらせ、多くの注意報や気象勧告をもたらした強力な低気圧のデータを提供している。

NOAAのGOES(Geostationary Operational Environment Satellite)-13人工衛星のデータが、嵐の動きを示すアニメーションとして編集される間に、NASAの人工衛星『アクア(AQUA)』が赤外線イメージを捉えた。

AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)赤外線イメージは、強調された擬似カラーによって温度を示す。擬似カラー・イメージの中で濃いブルーと紫の部分は降雪量が最も重く、最も高い雲と最も冷たい雲の頂点温度を表す。これらの最も冷たい雲の頂点温度は220ケルビン(華氏マイナス63.6、摂氏マイナス53.5)に近く、ニューイングランドの州とカナダ南部を被っている。

赤外線イメージはまた、巡回の低気圧の中心がオハイオ州北部に位置していることを示している。嵐の南側の広がりはアラバマ州に暴風によるダメージをもたらし、アーカンソー州に竜巻を発生させた。

USA Todayによると、この吹雪は少なくとも8人の死者を出し、約1,000のフライト・キャンセルと停電、学校や官公庁の閉鎖や数々の交通事故や道路閉鎖の原因となり、ウィスコンシン州とアイオワ州の一部に1フィート以上の積雪をもたらしたという。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集