タイ国際航空、来年1月1日から成田~バンコク線にエアバスA380-800を導入

航空 企業動向

タイ国際航空、成田~バンコク線にA380-800を就航
  • タイ国際航空、成田~バンコク線にA380-800を就航
  • A380
  • A380
  • タイ国際航空、成田~バンコク線にA380-800を就航
  • タイ国際航空、成田~バンコク線にA380-800を就航
  • タイ国際航空、成田~バンコク線にA380-800を就航
タイ国際航空は、世界最大の大型旅客機エアバスA380-800型機を、2013年1月1日から成田~バンコク線に導入すると発表した。

同社は、6機のA380を2004年11月にエアバスに正式発注し、今年9月末に1機目のデリバリーを受けた。冬期スケジュールからバンコク~香港線、シンガポール線に導入している。

その後、2機目を受け12月15日からバンコク~フランクフルト線に導入したのに続いて、3機目を2013年1月1日から成田線のTG677便/676便に導入する。

総2階建てのA380の座席総数は507席で、ファーストクラスが12席、ロイヤルシルククラスが60席、エコノミークラスが435席。2階の前方部分にファーストクラス、その後方にはロイヤルシルククラス、2階キャビンの最後部と1階キャビン全席がエコノミークラスとなっている。

全クラスにオンデマンドの機内エンターテイメントを装備し、プレミアムクラスにはバーカウンターを設置する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集