一時給付金、来年1月15日に給付開始へ 教育補助金&単身者補助も

エマージング・マーケット 東南アジア

【クアラルンプール】 低所得者向け一時給付金「1マレーシア・ピープルズ・エイド(BR1M)」の第2弾、「BR1M2.0」の給付が、2013年1月15日に開始される。華字紙「星洲日報」が報じた。

「BR1M」の時と比べ、10%増の470万世帯が受給できるようになる。
小学1年生から中学5年生(高校2年生に相当)までを対象にした100リンギの教育補助金の支給、月収2,000リンギ以下の21歳以上の単身者に対する250リンギの補助金支給も同時に行う。教育補助金の受給対象者は540万人、単身者向け補助金は同200万人とみられる。これら3つの補助金は、9月28日にナジブ・ラザク首相が発表した2013年度予算案に盛り込まれていた。

これら3つの補助金以外にも、大学生を対象とした250リンギの図書券、月収3,000リンギ以下の21—30歳向けのスマートフォン購入補助などの支給も行う予定で、政府が近く給付時期を発表する見通し。図書券受給対象は130万人いるとみられ、高等教育省は来年2月の交付開始を予定しているという。
これらの補助金受給対象者は全国に延べ1,210万人いるとみられ、所得に応じ100リンギから500リンギを受け取ることができる。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース