製造業向け投資、1-9月は13.9%減 マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア投資開発庁webサイト
  • マレーシア投資開発庁webサイト
  • マレーシア投資開発庁ロゴ
マレーシア投資開発庁(MIDA)によると、今年1-9月の製造業向け投資額(認可ベース)は前年同期比13.9%マイナスの319億リンギだった。

7-9月の投資額は62億リンギにとどまり、26.1%の大幅減となった。国内投資がやや減少したのに対して、外国直接投資(FDI)の大幅減少が目立った。

1-9月のFDIは161億リンギで、国内投資は158億リンギ。認可件数は582件で、新規投資が345件、追加投資が237件だった。セクター別の認可額は、化学製品が118億リンギ(62件)で全体の37%を占めてトップ。輸送機器が53億リンギ(66件、16.7%)で2番目に多かった。以下、食品、電子・電気製品、卑金属製品、機械、ゴム製品と続いた。

FDIを国別でみると、最も多かったのはサウジアラビアの26億リンギで全体の16.4%を占めた。2番目に多かったのは日本(23億リンギ、14.4%)で、以下、フランス、シンガポール、ノルウェー、インドネシアの順となった。

投資先を州別でみると、トップはセランゴール州の76億リンギ(186件)で、2位以下はサバ州、サラワク州、ジョホール州の順。ペナン州は8位となった。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース