マレーシア、2012年の成長率見通し5.1%へ…13年も5.6%に

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア経済研究所(MIER:MALAYSIAN INSTITUTE OF ECONOMIC RESEARCH)
  • マレーシア経済研究所(MIER:MALAYSIAN INSTITUTE OF ECONOMIC RESEARCH)
独立系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は、2012年通年の国内総生産(GDP)成長予想を4.9%から5.1%に上方修正、来年についても5.4%から5.6%に引き上げた。

「国家経済アウトルック会議2013-2014」に出席したザカリア・アブドル・ラシド理事は、内需が引き続き好調を維持するとみられ、内需が外需の低迷を相殺すると分析。6%の経済成長を達成するにはユーロ危機が回避され、世界経済の牽引役である中国の持続的成長が欠かせないが、下振れリスクとしては▽米国の「財政の崖」▽ユーロ問題の継続▽中国経済のさらなる減速▽内需や民間投資の減速——を挙げた。

また物価上昇率については当面1.7%前後で推移するが、来年は2.5%程度まで上昇すると予想した。対GDP比率で52%となっている財政赤字については、政府が55%以下としているものの懸念が残ると指摘。ただし日本と同様に債務のほとんどが対内債務であり対外債務比率は5%以下だとした。

伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース