NEXCO西日本、関門トンネルなどを緊急点検

自動車 ニューモデル 新型車

NEXCO西日本・トンネル天井板の緊急点検
  • NEXCO西日本・トンネル天井板の緊急点検
  • NEXCO西日本・トンネル天井板の緊急点検
  • NEXCO西日本・トンネル天井板の緊急点検
  • NEXCO西日本・トンネル天井板の緊急点検
NEXCO西日本は、中央道・笹子トンネル崩落事故に伴い、管内トンネルにおいて天井板の緊急点検を開始した。

対象となるトンネルは、天井板が全線または一部に設置されている9か所。天井板が全線設置されているのは、関門トンネル(国道2号線)。一部に設置されているのは、藤白(阪和道)、長峰(同)、宇治(京滋バイパス)、関戸(山陽道)、志和(同)、笠井山(同)、肥後(九州道)、加久藤(同)の8トンネル。

点検は、国土交通省「トンネル天井板の緊急点検について」に基づき、道路トンネルの天井板および金具等を近接目視、触診、打音点検により行われている。点検完了は12月12日の予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集