JALグループ輸送実績、中国線33%減・韓国線12%減…10月

自動車 ビジネス 企業動向
JAL
  • JAL
  • ボーイング JAL仕様(2012年)
日本航空(JAL)グループが発表した10月の輸送実績によると、国際線の旅客人数は前年同月比1.4%増の60万3684人と前年を上回った。利用率は77.1%だった。

太平洋線が同7.4%増、欧州線が同8.4%増、東南アジア線が同18.3%増、グアム線が同5.9%増、オセアニア線が同9.2%増と好調だった。

ただ、領土問題の影響から韓国線は同11.9%減の7万1954人、中国線が同33.0%減の6万8311人と、特に中国が大幅に落ち込んだ。韓国線の利用率は75.6%、中国線が66.4%だった。

国内線旅客人数は同0.1%減の276万4632人と、微減ながら3か月ぶりに前年割れとなった。

羽田と結ぶ路線では、主力の札幌、福岡が前年割れとなったほか、関西、三沢、山形なども落ち込んだ。国内線の利用率は68.4%だった。

貨物郵便輸送実績は、国際線の貨物が同8.2%増の2万1630トン、郵便が同13.2%減の2198トンだった。国内線は貨物が同0.2%増の3万3495トン、郵便が同3.6%減の2286トンだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAL、社員が経営情報を簡単に入手できるイントラネット基盤を構築 画像 JAL、社員が経営情報を簡単に入手できるイントラネット基盤を構築
  • ANA輸送実績、国内線・国際線ともに好調…2012年4-9月 画像 ANA輸送実績、国内線・国際線ともに好調…2012年4-9月
  • 領土問題で中国向けパッケージツアー7割減…10-12月 画像 領土問題で中国向けパッケージツアー7割減…10-12月

特集