【ジャカルタモーターショー12】人気カテゴリーへ新型車積極投入…スズキブース[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
  • スズキブース(ジャカルタモーターショー12)
インドネシアで開催されているジャカルタモーターショー12。スズキブースで最も目立っていたのは、7人乗りMPV『エルティガ』であった。

エルティガはデリーモーターショー12で発表され、インドでは4月12日に、インドネシアでは4月22日に販売が開始されて以来好評を博してきた。ジャカルタモーターショー12では、通常のエルティガに加え、コンセプトカーの『エルティガ スポーティ』と『エルティガ ラグジュアリー』を展示した。

インドネシアの乗用車市場において、MPVのシェアは約60%を占める。スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーターは、人気カテゴリーへの新型車投入で、現地シェアの拡大を図る構えだ。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集