フォルクスワーゲン、インド新工場計画を白紙撤回か

モータースポーツ/エンタメ 出版物

VWポロ(インド仕様)
  • VWポロ(インド仕様)
  • フォルクスワーゲンがインド新工場の建設計画を白紙撤回する可能性を伝えたインド『ビジネスライン』
市場シェアを拡大しようと、各自動車メーカーが積極的に工場を建設しているインド。そのインドで、フォルクスワーゲングループが進めていた新工場の建設計画が、白紙撤回される可能性が出てきた。

これは9月15日、インドの『ビジネスライン』が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じたフォルクスワーゲングループインディアのJohn Chacko社長は、インド西部マハラシュトラ州で建設予定の新工場に関して、「計画を白紙撤回する可能性がある」と明かしたというのだ。

計画を白紙撤回する理由について、同社長は、「マハラシュトラ州政府は税の還付に制限を設ける方針。これは容認できない」と述べたという。

インド新車市場(乗用車)では、マルチスズキが圧倒的シェアを握る。これを韓国のヒュンダイモーターと、地元のタタモーターズが追いかけ、トップ3を形成している。

フォルクスワーゲングループは2009年、インド・マハラシュトラ州のチャカン工場を稼働。『ポロ』やシュコダ『ファビア』を生産中だ。トップ3を追撃するフォルクスワーゲンにとって、新工場の建設計画が撤回されれば、同社のインドでの成長計画に大きな狂いが生じることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集