iCloudと統合、デザイン一新のiTunes 11発表

自動車 テクノロジー Apple

「iTunes 11」の表示画面のイメージ
  • 「iTunes 11」の表示画面のイメージ
  • iCloudとの統合によりコンテンツを共有可能
  • 「iTunes 10.7」のダウンロードページ
 米アップルは12日(現地時間)、iTunesの新バージョンとして、クラウドサービス「iCloud」と統合される「iTunes 11」を10月にリリースすると発表。また、それにさきがけ「iTunes 10.7」へのアップデートを開始した。

 「iTunes 11」は、「iCloud」との統合により、iTunes Storeからダウンロードした音楽・映画などのコンテンツをMac、iPhone、iPad、Apple TVなどで共有できる。また、プレビュー履歴をiCloud上に保存し、再生を中断した映画を別の端末で続きから視聴可能。

 また、インターフェースも一新され、ライブラリーを開くことなく、上部小さなツールバーで全ての音楽・動画データの検索や再生が行なえるとしている。また、拡大表示可能なアルバムビューは、音楽ライブラリを閲覧しながら、個々のアルバムのトラックリストを表示できる。

 今回の「iTunes 10.6.3」から「iTunes 10.7」へのアップデートでの変更点としては、最新のiOS 6に対応。また、新型iPod nano/iPod shuffleをサポートする。

iCloudと統合し、デザインも一新した“iTunes 11”を発表……10.7へのアップデートも開始

《丸山 朋之@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集