個人事業者向けのECサービス「Yahoo!バザール」開始

自動車 ニューモデル 新型車
「Yahoo!バザール」(イメージ)
  • 「Yahoo!バザール」(イメージ)
  • 公開中の「Yahoo!バザール」ティーザーサイト
 ヤフーは12日、「Yahoo!オークション」「Yahoo!ショッピング」に次ぐ第3のECサイトとして、個人ユーザーが固定価格で商品を売買できる「Yahoo!バザール」を発表した。10月1日より提供を開始する。

 「Yahoo!バザール」(bazar.yahoo.co.jp)は、出品者にとっては「Yahoo!オークション」よりもさらに簡単に、購入者にとっては「Yahoo!ショッピング」と同じ感覚で買い物が可能となるサイト。利用手数料は、出品者が商品販売価格の9.45%(税込)、ポイント原資負担1%で、購入者が無料(商品代金+送料)となっている。

 決済は、ヤフーが料金の支払いを仲介し、購入者が商品を受け取ってから出品者に代金が支払われる。また「Yahoo!バザール」で商品を購入すると、商品販売価格の1%分の「Yahoo!ポイント」または「Tポイント」が購入者に進呈される。

 10月1日~11月14日はオープニングキャンペーンとして、「手数料無料キャンペーン」を開催。期間中は出品者が負担する手数料がすべて無料になる。今後は、最短30秒で出品ができるスマートフォン向けアプリ「Yahoo!バザール出品アプリ(仮)」の提供も予定中。

ヤフー、個人事業者向けのECサービス「Yahoo!バザール」開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集