協和電線、二輪車向けコネクティングロッド用軸受け保持器に適しためっき皮膜を開発

自動車 ビジネス 企業動向

コネクティングロッド用軸受け保持器
  • コネクティングロッド用軸受け保持器
  • 高機能めっき皮膜「KANZACC~GAN:coat」
古河電工グループの協和電線は、二輪車エンジンのコネクティングロッド用軸受け保持器の表面処理に最適な高機能めっき皮膜「KANZACC~GAN:coat」を開発した。

今回開発しためっき皮膜は、エンジンオイルによる硫化が発生しないため、銅めっきや銀めっきのような硫化による剥離や脱落がなく、エンジンオイルの汚染もない。また、銅めっきや銀めっきに比べて摩擦係数が低く、硬度や耐摩耗性に優れた特性を持ち、保持器の長寿命化にも貢献するという。また軽量化が必要な自動車用配線材や電子機器、通信機器、高温機器などの用途にも適しているとのこと。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集