日産、EVタクシー普及への実証実験を開始

自動車 ビジネス 企業動向

EVタクシーシェアのりばの仕組み
  • EVタクシーシェアのりばの仕組み
  • 日産リーフ
日産自動車は、「かながわEVタクシープロジェクト」と「ヨコハマ モビリティ プロジェクト ゼロ(YMPZ)」のジョイント活動として、EVタクシーの普及を目的とした「EVタクシーシェアのりば」の実証実験を、4月18日より開始する。

EVタクシーシェアのりばでは、EVタクシー専用の待機所を設置。既存のタクシーのりばをEVタクシーと通常のタクシーが交互に利用する。EVタクシー専用のりばを設置するスペースがない場合やEVタクシーの台数が少ない場合でも設置が可能となる。

実証実験は、横浜市鶴見区の横浜市東部病院で、7月20日まで行われる。参加するEVタクシーは6台で、利用客からのアンケート及び乗務データより、有効性を検証する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集