【ジャパンボートショー12】ホンダ、4ストローク船外機やポータブル発電機を展示

自動車 ビジネス 国内マーケット
ジャパンインターナショナルボートショー2012 ホンダブース (イメージ)
  • ジャパンインターナショナルボートショー2012 ホンダブース (イメージ)
  • ホンダ 大型4ストローク船外機「BF250」
ホンダは、3月1日から4日までパシフィコ横浜(屋内展示)と横浜ベイサイドマリーナ(海上展示)で開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2012」に、同社4ストローク船外機のフラッグシップモデル『BF250』などを出展する。

ホンダブースでは、「走る喜び」をテーマに、低燃費で高い動力性能を両立した4ストローク船外機BF250を2機搭載したパワーボートや、小型(2馬力)から大型(250馬力)までの4ストローク船外機シリーズ、ボートライフに役立つポータブル発電機を展示する。

BF250は、船外機としては世界初となるダイレクト吸気システムの採用や高い充電性能の実現など、革新性を評価され、昨年10月には米国舟艇工業会が主催する「IBEX2011イノベーションアワード」の「船外機部門賞」を受賞している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集