第3次補正予算で太陽光発電に対する補助金予算を計上

自動車 社会 行政

J-PECのお知らせページ
  • J-PECのお知らせページ
太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)は、2011年度の本予算による住宅用太陽光発電システムに対する補助金が、2011年11月上旬にも予算超過になる見通しであることを発表した。

また、国の2011年度の第3次補正予算に追加の補助金予算を盛り込んでおり、本予算分の受付終了後であっても、補助金の受付を行い、第3次補正予算が国会で成立、政府内部での手続きが終了後、補正予算分への補助金へ自動的に移行する予定であることを明らかにした。J-PECでは、本予算分の補助金終了後においても、受付けた申込書の審査を可能な限り進め、補正予算執行段階で速やかに受理決定通知ができるように努めるとしている。

これにより、11月上旬に予算超過で本予算分の受付が終了しても、第3次補正予算が国会で成立するまで待つ必要はあるものの、補正予算分で補助金は受給できる見通しだ。ただ、太陽光発電の設置件数は政府の想定を大幅に上回るペースで伸びていることから、補正予算分についても予算超過で受付締切日(現在のところ未定。これまでは3月中旬から末に設定)よりも早く終了してしまう可能性がある。

第3次補正予算で太陽光発電に対する補助金予算を計上、本予算分の受付終了後も受付申込を継続

《小林@太陽生活ドットコム》

編集部おすすめのニュース

特集