【BOSE】Bluetooth対応ポータブルスピーカー発表

自動車 ビジネス 国内マーケット

 ボーズ(BOSE)は18日、都内で報道関係者向けに新製品「SoundLink Wireless Mobile speaker」の説明会を開催した。

 「SoundLink Wireless Mobile speaker」は、244(W)×130(H)×48(D)mm、1.3kgといったコンパクトな筺体で、スマートフォンやタブレットの楽曲をBluetooth接続で再生可能な製品。最大6つまでのBluetooth対応機器を本体に記憶させておくことがでる。筺体のスイッチをオンにすると、接続可能なBluetooth対応デバイスを自動的に探し始め、デバイス側で許可すると、ペアリングが成立する。ボリュームのコントロールもBluetooth対応デバイス側で可能。

 本体は筺体と一体化した保護カバーがあり、使用時にカバーを開くとそのままスタンドになる。またカバーを閉じればシステムが自動的にスリープモードになる。

 同製品は4つのドライバーを搭載しているが、コンパクトな筺体で中高域の音を再生するために、新開発のデュアル・オポージング・パッシブ・ラジエーターを採用している。パッシブ・ラジエーターは外周部がワッフル形状になっており、向かい合わせに配置することで不要な振動を排除し、より多くの音響出力へ変換するという。なお、リチウムイオンバッテリーを搭載し、最大音量で約3時間の連続再生が可能としている。


 Corduraナイロン製保護カバー(ダークグレー)を備えたスタンダードと、レザー製保護カバー(ダークブラウン)のLXの2モデルをラインアップ。スタンダードは36,750円、LXの販売予定価格は43,260円。また、アクセサリーとしてナイロン製保護カバー(レッドとパープル)を4,200円、レザー製保護カバー(バーガンディーとタン)を7,140円で用意する。

BOSE、Bluetooth対応ポータブルスピーカー……中高域もしっかり再生

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集