マツダ、社外取締役制度を導入---元検事長ら2人を選任へ

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ本社
  • マツダ本社
マツダは5月12日、社外取締役制度を導入すると発表した。6月24日開催予定の定時株主総会と株主総会後の取締役会で承認を受けて実施する。

同社では、経営の健全性・透明性の向上を目指して経営機構を改革する。新たに社外取締役制度を導入し、2人の社外取締役の選任を定時株主総会で提案する。

社外取締役として元福岡高等検察庁検事長で、現在は弁護士の坂井一郎氏、元広島大学学長の牟田泰三氏が就任する予定。

これに伴って、社外有識者の知見を経営に反映することを目的に2002年から運営してきた経営諮問委員会は、その役割を終えることから廃止する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 富士重工森社長「吉永君はうちのエース的な存在として育ってきた」 画像 富士重工森社長「吉永君はうちのエース的な存在として育ってきた」
  • 三菱ふそう、ダイムラー購買担当が非常勤取締役に就任 画像 三菱ふそう、ダイムラー購買担当が非常勤取締役に就任
  • ホンダ役員体制を変更…業務担当は全員執行役員に、取締役も半数に削減 画像 ホンダ役員体制を変更…業務担当は全員執行役員に、取締役も半数に削減
  • マツダ山内社長「下期からはフル生産目指す」 画像 マツダ山内社長「下期からはフル生産目指す」

特集