NKSJ、グループ傘下のシステム会社と事務会社をそれぞれ統合

自動車 ビジネス 企業動向
NKSJホールディングスは、グループ傘下に2社ずつあるシステム会社と事務会社を4月1日付けでそれぞれ1社に統合すると発表した。

NKSJの主要子会社である損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が進めている商品・事務・システムの共通化の一環。

このうちシステム子会社については、『損保ジャパン・システムソリューション』と『エヌ・ケイ・システムズ』を合併し、『NKSJシステムズ』を設立する。新会社の社長には損保ジャパン・システムソリューションの末廣利明社長が就任する。

事務子会社は、『損保ジャパン情報サービス』と『日本興亜ビジネスサービス』を合併し、『NKSJビジネスサービス』とする。日本興亜損保の坂井孝章常務執行役員が新会社の社長に就く。

システム、事務事業の統合再編に関しては、MS&ADインシュアランスグループホールディングスも同様に子会社の合併をすでに発表している。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 三井住友海上、無配当型積立保険を4月から販売開始…業界初 画像 三井住友海上、無配当型積立保険を4月から販売開始…業界初
  • そんぽ24、来店型保険ショップ「保険クリニック」と提携 画像 そんぽ24、来店型保険ショップ「保険クリニック」と提携
  • 出光興産が組織改正…統括支店廃止で販売直轄の営業所を設置 画像 出光興産が組織改正…統括支店廃止で販売直轄の営業所を設置
  • アイケイ、企画機能強化に向け組織改正 画像 アイケイ、企画機能強化に向け組織改正

特集

おすすめのニュース