KDDI、au携帯電話の通話品質を向上

自動車 ビジネス 国内マーケット

「EVRC」と「EVRC-B」の比較 「EVRC」と「EVRC-B」の比較
  • 「EVRC」と「EVRC-B」の比較 「EVRC」と「EVRC-B」の比較
 KDDIと沖縄セルラーは24日、au携帯電話の通話品質を向上させる「EVRC-B」技術を導入することを発表した。25日より導入を開始する。

 au携帯電話では、携帯電話の通話中に伝送レートを約1.2~9.6kbpsの間で随時変化させる音声符号化技術「EVRC」(Enhanced Variable Rate Codec:可変速度符号化)が用いられていた。今回新たに採用された「EVRC-B」では、「EVRC」同等の伝送レートを保ったまま、1.4倍相当の音声情報を伝えることができるため、音声の品質を向上できる。同社が行った品質評価においては、評価者の約90%が「これまでと同等以上の品質である」と評価したとしている。

 導入はau設備のソフトウェア更新により行われるため、「EVRC-B」対応機種から順次利用可能となる。「EVRC-B」対応済みの機種は、REGZA Phone IS04、IS05、SIRIUSαIS06、T005、T006、SH011、G'zOne TYPE-X、EXILIMケータイCA006、BRAVIA Phone S005、Cyber-shotケータイS006、K006、K007、簡単ケータイK008、mamorino2、X-RAY、G11、E31T。

 IS03、biblio、T002、T003、REGZA Phone T004、AQUOS SHOT SH003、SH005、AQUOS SHOT SH006、SOLAR PHONE SH007、AQUOS SHOT SH008、SH009、AQUOS SHOT SH010、EXILIMケータイCA003、EXILIMケータイCA005、BRAVIA Phone U1、Cyber-shotケータイS003、BRAVIA Phone S004、SA001、SA002、mamorino、beskey、URBANO BARONE、URBANO MOND、簡単ケータイS PT001、PLY、LIGHT POOL、E08Tについては、3月中旬以降のケータイアップデートにて対応となる。

KDDI、au携帯電話の通話品質を向上……新技術「EVRC-B」で1.4倍に

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集