さっぽろ雪まつりの大型雪像…ライオンキングや本願寺など、完成までをチェック

自動車 ビジネス 国内マーケット

国宝 本願寺 飛雲閣 国宝 本願寺 飛雲閣
  • 国宝 本願寺 飛雲閣 国宝 本願寺 飛雲閣
  • 大型雪像が完成していくまでのようすが写真で公開されている 大型雪像が完成していくまでのようすが写真で公開されている
  • 雪像製作のようす 雪像製作のようす
 7日(月)から開催される「さっぽろ雪まつり」。大通り会場をメインに、つどーむ会場、すすきの会場といった3ヵ所で開催されるイベントで、多くの人が道外から訪れる。

 さっぽろ雪まつり実行委員会が運営する公式サイトでは、「観光王国宣言!北海道」「ライオンキング」「天壇 祈年殿」「国宝 本願寺 飛雲閣」「サザエさん」といった大型雪像が完成していくまでのようすが写真で公開されている。直近のものは公開されていないが、ほぼ完成といったところだ。

 実行委員会によると、雪像製作に使う雪は市内(南部)の駐車場などに積もった雪を使用。道路などの除雪に使った雪は不純物が混ざっていて使えないとのこと。また、仕上げに使う雪は“化粧雪”といい、中山峠などから運ばれたものを使うとしている。

 なお、公式サイトでは大通り会場などをとらえたライブカメラも用意されている。

ライオンキング、本願寺……“さっぽろ雪まつり”大型雪像の完成までをチェック

《RBB TODAY@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

特集