Dolbyサラウンド体感スペースがリニューアル…北欧インテリア

自動車 ビジネス 国内マーケット

「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」内でリニューアルオープンしたエンタテインメント・コミュニティースペース。第2弾のイベントテーマは、バレンタイン・春の新生活にちなんだ「~Sound of Love~」 「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」内でリニューアルオープンしたエンタテインメント・コミュニティースペース。第2弾のイベントテーマは、バレンタイン・春の新生活にちなんだ「~Sound of Love~」
  • 「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」内でリニューアルオープンしたエンタテインメント・コミュニティースペース。第2弾のイベントテーマは、バレンタイン・春の新生活にちなんだ「~Sound of Love~」 「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」内でリニューアルオープンしたエンタテインメント・コミュニティースペース。第2弾のイベントテーマは、バレンタイン・春の新生活にちなんだ「~Sound of Love~」
  • 女性にくつろぎを与えるようなリビングルームでの視聴がコンセプト。インテリアには、北欧デンマークの有名ブランド「ボーコンセプト」を採用 女性にくつろぎを与えるようなリビングルームでの視聴がコンセプト。インテリアには、北欧デンマークの有名ブランド「ボーコンセプト」を採用
  • おシャレなスピーカーも目玉。アンソニー・ギャロ製5.1chサラウンドシステム。小型球体スピーカー「MICRO SATELLITE」(写真右)と、アクティブウーファ「tr-2」(写真右)。いずれも迫力のある低重音に対応 おシャレなスピーカーも目玉。アンソニー・ギャロ製5.1chサラウンドシステム。小型球体スピーカー「MICRO SATELLITE」(写真右)と、アクティブウーファ「tr-2」(写真右)。いずれも迫力のある低重音に対応
  • 背後にはマイクロスタンド付きのリア・スピーカーも設置。スタンドはカーブのある支柱で、その中にケーブルを通せるため、配線を隠すことができる 背後にはマイクロスタンド付きのリア・スピーカーも設置。スタンドはカーブのある支柱で、その中にケーブルを通せるため、配線を隠すことができる
  • 55インチの薄型テレビ「東芝REGZA」と、5.1chのサラウンドによって、迫力のあるホームシアターを提供 55インチの薄型テレビ「東芝REGZA」と、5.1chのサラウンドによって、迫力のあるホームシアターを提供
  • 「SEX AND THE CITY」「魔法にかけられて」「誰かが私にキスをした」など、恋愛や生活ものを中心に、女性に人気のコンテンツを用意。2月4日から3日間、これらのディスクを抽選で30名にプレゼント 「SEX AND THE CITY」「魔法にかけられて」「誰かが私にキスをした」など、恋愛や生活ものを中心に、女性に人気のコンテンツを用意。2月4日から3日間、これらのディスクを抽選で30名にプレゼント
  • ボーコンセプトのイスや照明もおしゃれな空間を演出。本棚や絵画も用意し、女性がくつろげる雰囲気に配慮している ボーコンセプトのイスや照明もおしゃれな空間を演出。本棚や絵画も用意し、女性がくつろげる雰囲気に配慮している
 ドルビージャパンは4日、六本木ヒルズ「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」内に、同社の音響技術やドルビーサラウンドを体感できるエンタテインメント・コミュニティスペース「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space ~Sound of Love~」をリニューアル・オープンした。

 このスペースは、ドルビーサラウンドのサウンド効果を、より多くのユーザーに体験してもらうことを目的に、昨年12月に設置された。第1弾では、全世界で同時公開されたディズニー映画の最新作「トロン:レガシー」の予告編をドルビーサラウンド7.1でティザー体験できるキャンペーンが実施された。

 第2弾のイベントスペースは「~Sound of Love~」をテーマに、リビングルームを再現した視聴体験スペースとなっており、デンマークのインテリアブランド「ボーコンセプト」によるインテリアコーディネートを行ったほか、55インチの薄型テレビ(東芝REGZA)や、米アンソニー・ギャロ製 5.1chサラウンドシステムを設置した。5.1chサラウンドシステムは、左、センター、右、アクティブ・ウーファー、リア・サラウンドで構成された小型スピーカーシステム。独自技術により、限られたスペースでも優れた音質を得ることができるという。今までにない低重音を小さな球体サイズで再生でき、アクティブ・ウーファーもシアターシステムに求められる迫力ある低重音に対応できる。ドルビージャパンの穐山賢一氏は、「おしゃれで手軽な小型スピーカーを採用することで、女性にも優れた5.1chサラウンドを感じてもらえるようにした」と述べた。

 映像コンテンツには、「ドルビーTrueHD/ドルビーデジタル」を採用したブルーレイディスクやDVDの映画・音楽を中心に紹介。ドルビーTrueHDは、スタジオで制作されるマスター音声のデジタル信号を、オリジナルのまま少ないデータ容量でブルーレイディスクに収録できる音声フォーマットだ。これによりマスター音声そのものの品質を家庭でも楽しめる。

 またインテリアは、デンマークのインテリアブランド「ボーコンセプト」によるコンシェルジュサービスのもとでコーディネートを実施。ソファやクッション、ラグ、椅子、ラック、照明など、高機能性とデザイン性を兼ね備えたボー社のデザインファニチャも見どころの1つとなっている。

 2月4日~6日の3日間、このスペースを訪れた利用者に、コンテンツとして利用しているディスクを抽選で30名にプレゼントするという。さらに2月4日~3月27日までのキャンペーン期間中に、イベント関連作品をTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで購入すると、ブルーレイディスク・DVDやTポイントなどが当たる抽選会に参加できる。

Dolbyサラウンド体感スペースが北欧インテリアとともにリニューアル……TSUTAYA六本木にて

《井上猛雄@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース

特集