横断の男性、転倒したところをひき逃げされ死亡

自動車 社会 社会

13日午後10時5分ごろ、神奈川県川崎市幸区内の国道1号で、道路を横断中に転倒した70歳の男性が進行してきた乗用車にはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。クルマは逃走しており、警察はひき逃げ事件として捜査を開始している。

神奈川県警・幸署によると、男性は交差点ではない場所で横断を開始したが、中央分離帯付近でつまづいて転倒。直後に第2車線を進行してきた乗用車にはねられた。

男性は全身を強打。近くの病院に収容されたが、まもなく死亡した。後の調べで現場近くに住む70歳の男性と判明している。男性をはねたのは黒っぽい色のクルマで、そのまま逃走した。

現場は川崎市幸区遠藤町付近で、片側2車線の直線区間。警察では現場から採取した破片などを分析。逃げたクルマの特定を急いでいる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集