クライスラー、米国でのフィアット販売店を最終選定へ…約600拠点

自動車 ビジネス 企業動向
500
  • 500
クライスラーグループは9日、30日に米国デトロイトで開催されるフィアット車取り扱いに関するミーティング、「フィアットエクスペリエンス」に、全米のクライスラー販売店600拠点を招待すると発表した。

クライスラーはフィアットとの提携効果を生かして、フィアット『500』を年内に米国市場へ導入。そのための準備を進めてきた。今回、同社の基準に見合う約600ディーラーをピックアップし、販売契約に向けた最終的な調整に入ることになった。

クライスラーの発表によると、9月22日までに約600のディーラーから、フィアット車取り扱いの意思を最終的に確認。10月上旬から、順次販売契約を締結していくという。

クライスラーグループのピーター・グラディ副社長は、「我々の目標は、米国市場のニーズに見合った最高のディーラーネットワークを構築すること」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • フィアット 500 フェラーリ仕様、右ハンドル登場…日本導入は? 画像 フィアット 500 フェラーリ仕様、右ハンドル登場…日本導入は?
  • クライスラー、148億円の赤字…4-6月実績 画像 クライスラー、148億円の赤字…4-6月実績
  • クライスラー、米工場の閉鎖を撤回 画像 クライスラー、米工場の閉鎖を撤回
  • 日産 ジューク、北米仕様は全車1.6リットルターボ 画像 日産 ジューク、北米仕様は全車1.6リットルターボ
  • エコカー補助金、残額879億円…1日30億円であと6週 画像 エコカー補助金、残額879億円…1日30億円であと6週

特集