VW ヴェント 新型、インドで発表…ポロ の4ドアセダン

自動車 ニューモデル 新型車
ヴェント
  • ヴェント
  • ポロサルーン
  • ポロサルーン
  • ポロサルーン
  • ポロサルーン
フォルクスワーゲンは6日、インド・ニューデリーにおいて、新型『ヴェント』を初公開した。『ポロ』をベースに開発した4ドアセダンである。

初代ヴェントは1992年、3代目『ゴルフ』のセダンバージョンとして誕生。1998年、後継車の『ボーラ』が登場し、欧州での生産を終了した。しかし、ヴェントのネーミング自体は、現行『ジェッタ』の一部海外市場向けの車名として、存続している。

インド向けの新型ヴェントは、これとは異なり、現行ポロがベース。ホイールベースは、ポロに対して82mm延長され、後席の居住性が引き上げられた。フォルクスワーゲンは今年6月、ロシアで『ポロサルーン』を発表したが、新型ヴェントはこれと基本的に共通だ。

エンジンはガソリンとディーゼルを用意。どちらも1.6リットル直列4気筒で、最大出力は105psを発生する。新型には複数のグレードを用意。最上級の「ハイライン」の場合、ABS、デュアルエアバッグ、盗難防止装置、MP3プレーヤー、オートエアコン、マルチインフォメーションディスプレイなど、装備は充実している。

新型ヴェントは、2009年に稼働したフォルクスワーゲンのインド・マハラシュトラ州チャカン工場で、年間11万台を生産。すでに同工場では、ポロとシュコダ『ファビア』を生産中だ。新型はインド国内約45のディーラーを通じて、今秋から販売される。

フォルクスワーゲングループ(アウディとシュコダを含む)の今年上半期(1~6月)インド新車販売は、前年同期比100%増の1万6900台と好調。同社のウルリッヒ・ハッケンバーグ取締役は、「新型ヴェントはインド市場のニーズに合わせて開発。セグメントリーダーになる商品力を持つ」とアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • VW ポロ に4ドアセダン---ロシア 画像 VW ポロ に4ドアセダン---ロシア
  • フォードのインド戦略車、フィーゴ 発売…70万円から 画像 フォードのインド戦略車、フィーゴ 発売…70万円から
  • スズキのインド新車販売、17.3%増…6月実績 画像 スズキのインド新車販売、17.3%増…6月実績
  • トヨタのインド専用車 エティオス、エンジンを現地生産 画像 トヨタのインド専用車 エティオス、エンジンを現地生産
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース