パガーニ ゾンダR、ニュルで市販車最速 6分47秒

自動車 ビジネス 企業動向
ゾンダR
  • ゾンダR
  • ゾンダR
  • ゾンダR
  • ゾンダR
  • ゾンダR
  • ゾンダR
イタリアのパガーニ社が2009年1月に発表したスーパーカー、『ゾンダR』。6月29日、ドイツ・ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、6分47秒という市販車最速タイムをマークしたという。

パガーニ社は、アルゼンチン生まれのオラシオ・パガーニ氏が設立。1999年にスーパーカー、『ゾンダC12』をリリースした。パガーニ社はその後、『ロードスター』、『ゾンダF』を発表。そして、ゾンダの名前を一躍有名にしたのが、2007年9月、ドイツ・ニュルブルクリンクでのタイムアタックである。

ゾンダFはニュルブルクリンクを、7分27秒82秒というラップタイムで周回。ポルシェ『カレラGT』が2004年7月に記録した7分28秒を上回る、当時の市販車最速ラップを達成したのだ。

そのゾンダFの進化形が、サーキット走行に特化したゾンダR。エンジンはメルセデスベンツの高性能車開発部門、AMG製の「M120型」6.0リットルV型12気筒で、最大出力750ps、最大トルク72.4kgmを発生する。このエンジンはメルセデスベンツ『CLK-GTR』用に開発されたユニットがベースである。

ゾンダRは、この高性能ユニットをミッドシップに搭載、後輪を駆動する。トランスミッションは6速シーケンシャル。ボディやシャシーにはカーボン、アルミ、チタンを使用して、車重はV12を積むスーパーカーとしては異例の1070kgに仕上げられた。

この結果、ゾンダRは0-100km/h加速2.7秒、最高速350km/hという世界最高峰のパフォーマンスを獲得。価格は146万ユーロ(約1億5700万円)と公表されている。

欧州の複数のメディアは6月30日、ゾンダRがニュルブルクリンクで6分47秒という市販車最速タイムをマークしたと報道。クライスラーのダッジ『バイパーSRT10 ACR』の7分22秒1、GMのシボレー『コルベットZR-1』の7分26秒4、日産『GT-R』の7分26秒70はもちろん、フェラーリ『599XX』の6分58秒16、ラディカル『SR8LM』の6分48秒を上回る、ニュルの市販車最速ラップ記録を打ち立てたという。

しかし、ゾンダRは市販車ではあるが、フェラーリ599XXやラディカルSR8LMと同じく、公道走行が認められていない。公道走行に必要な法規を満たしたニュル最速車は、依然としてダッジバイパーSRT10 ACRの7分22秒1ということになる。

また現時点で、パガーニ社からニュルのラップタイムに関する発表はない。欧州のメディアも、「タイムは非公式なもの」と報じている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • [動画]パガーニ ゾンダR…V12の咆哮を聞け! 画像 [動画]パガーニ ゾンダR…V12の咆哮を聞け!
  • [動画]2009年ニュル最速、ラディカル SR8LM…迫力のオンボード映像 画像 [動画]2009年ニュル最速、ラディカル SR8LM…迫力のオンボード映像
  • フェラーリ 599XX、ニュル最速記録更新…6分58秒16 画像 フェラーリ 599XX、ニュル最速記録更新…6分58秒16

特集