燃費マネージャー、e燃費プレミアム未対応仕様を対応仕様に変更へ

自動車 ビジネス 国内マーケット

燃費マネージャー FCM-2000Q
  • 燃費マネージャー FCM-2000Q
  • 燃費マネージャー FCM-2000Q
  • 燃費マネージャー FCM-2000Q
テクトムは24日、同社が提供中のリアルタイムデジタル燃費計、燃費マネージャー『FCM-2000W』を、ケータイ燃費管理サイト「e燃費」が提供する「e燃費プレミアム」に対応したプログラムに変更するサービスを開始すると発表した。

今回のサービスによって、FCM-2000Wを使用していたユーザーでも、e燃費への参加が可能となる。燃費管理のほか、エコドライブ診断ができ、登録者間での燃費ランキングへ参加することができるようになる。

サービス対象は「FCM-2000WA/WB/WC/WD」の4モデル。同じ書き換えで、WA/WB/WCモデルは、対応車種がWD相当へ拡大される。

サービスは有償となっており、テクトムへ対応製品を送付し、プログラムを書き換えてもらう。変更価格は返送料込みで1万1550円。サービス開始時期は6月下旬となっている。
《佐々木誠》

編集部おすすめのニュース

特集