三菱重工、ゆりかもめの新型108両を受注

自動車 ビジネス 企業動向
三菱重工業は10日、ゆりかもめから、アルミ合金を採用した東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)向け全自動無人運転の新型車両18編成、合計108両を一括受注したと発表した。

今回受注した車両は、アルミ合金製車体を採用した次世代型車両。100両超の車両を一括受注するのは同社では今回が初めて。2013年度から順次納入する。

既存のゆりかもめの車両は、鋼とステンレス製だったが、新型ではアルミを採用し、車両を軽量化することでエネルギー効率の向上を図った。また、車体・車載機器ともにメンテナンスしやすい設計とした。

さらに、ユニバーサル・デザインを導入して、快適な車内空間を創出した。同社では環境に配慮し、優れた特長が総合評価され、受注できたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • さよなら新聞輸送列車---トラックに転換 画像 さよなら新聞輸送列車---トラックに転換
  • 三菱樹脂と児玉化学が提携内容で合意---自動車部品など開発 画像 三菱樹脂と児玉化学が提携内容で合意---自動車部品など開発

特集