【日産 ジューク 発表】“鉄アレー&戦闘機”スタイルで大人買い

自動車 ニューモデル 新型車
ジューク
  • ジューク
  • ジューク発表
  • ジューク発表
  • ジューク発表
  • ジューク発表
  • ジューク発表
  • ジューク発表
  • ジューク発表
日産『ジューク』は、強い存在感を示すフロントスタイルも印象的だが、サイドにまわると、リヤに向かってスロープするルーフラインと筋肉質なフェンダーまわりに目が行くことだろう。このルーフとフェンダーは、ある意外なモノをモチーフにデザインされているという。

同社デザイン本部プロダクトデザイン部の野口孝士氏は、「前後フェンダーは鉄アレーをイメージしているところもある。小さいけど重量感がある鉄アレーの上に、戦闘機やエアレーサーに見られるキャビンをイメージしたルーフが載るという感じに仕上がっている」と話す。

「いまのコンパクトカーって、Aピラーをどんどん前に出してフェンダーとなだらかにつなげているが、ジュークは後ろへ後ろへと持ってきて、ガラスをラウンドさせることで広い視界を確保している」(野口氏)

水平に近いフードによってドライバーはボンネットをしっかりと確認できるという点なども、このクルマの特徴だといわれている。

ターゲットもライバルも定めないジュークは、個性や自分のこだわりを大事にするユーザーの“ひと目惚れ”や“大人買い”で買われていくだろうと同社はよむ。

ある車両説明担当者は「このクルマをひと目見て、女性の第一声は『かわいい』が意外と多い。メカニズムやインテリアよりも、『かわいい』という価値基準でまず購入意欲を持ちはじめ、そのあとすぐに価格をチェックする。“ひと目惚れ度”と“サイフ具合”のバランスが合致すれば、スッと“大人買い”すると予想する。逆に男性はそんなに勢いよくいかないのでは」などと話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集