ローム、超小型パッケージ化した車載用SPIバスEEPROMを開発

自動車 ビジネス 企業動向
ロームは、ABSやオートマチックトランスミッション、エアバッグなどに使われる車載用各種ECUに適した超小型パッケージを実現したSPIバスEEPROM「BR35Hシリーズ」を開発した。

今回開発したSPIバスEEPROMは、微細加工技術により従来標準パッケージ品と比較してチップ面積を60%縮小したMSOP8パッケージ化を実現した。また、大容量化のニーズにも対応して、大容量128Kbit品までラインアップを拡充、伝送方式についても高速伝送が可能なSPIバス方式を採用した。

新製品は、既にサンプル出荷を開始しており、6月から月産100万個体制で量産を開始する予定。サンプル価格は16Kbit品が500円。生産は前工程がローム・アポロデバイス、後工程がローム・インテグレーテッド・システムズ(タイランド)とローム・エレクトリックス・フィリピン。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 200GB---車載HDDとして最大の記憶容量、東芝が商品化 画像 200GB---車載HDDとして最大の記憶容量、東芝が商品化
  • 充電いらず、Bluetooth対応の車載ハンズフリーキット ロジテックが発売 画像 充電いらず、Bluetooth対応の車載ハンズフリーキット ロジテックが発売
  • IRジャパン、車載用パワーMOSFETシリーズ 22品種を発売 画像 IRジャパン、車載用パワーMOSFETシリーズ 22品種を発売
  • コンチネンタルとロームが提携、電動車向けパワーエレクトロニクスの開発 画像 コンチネンタルとロームが提携、電動車向けパワーエレクトロニクスの開発

特集

おすすめのニュース