TEAM SHOW が2010年レース計画発表、新型 フィエスタ 投入

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
フォード フィエスタ R2
  • フォード フィエスタ R2
  • フォード フィエスタ ST グループN 仕様
俳優の哀川翔が率いる「TEAM SHOW」は4日、2010年のモータースポーツ活動を発表した。9月のWRCラリージャパンではチームとして初めて2台体制で参戦するほか、新型マシンが投入されることが明らかになった。

ドライバー哀川翔、コ・ドライバー安東貞敏コンビの参戦が決定しているのは、5月21日から23日の「アジアパシフィックラリー選手権第2戦 ラリー北海道」、7月16日から18日の「全日本ラリー選手権第5戦 ラリー・イン・シリベシ」、9月10日から12日の「世界ラリー選手権第10戦 ラリージャパン」。その他全日本ラリーへの参戦も計画中だ。

発足以来使用してきたマシン『フィエスタST グループN仕様』に代わり、9月に札幌で開催されるラリージャパンでは、新型の『フィエスタR2』を投入する。

フィエスタR2は前モデルと異なり、グループN規格での開発ではなく、新設されたグループRのレギュレーションで開発されたモデル。全長3953mm×全幅1722mm×全高1481mm、ホイールベース2490mm、車重1030kgの軽量コンパクトなボディに、最大出力170ps、最高トルク182Nmを発揮する1.6リットルエンジン「1.6Zetec16V Ti-VCT」を搭載する。

同イベントには奴田原文雄 / 佐藤忠宜組も加わり、2台のフィエスタR2で上位クラスの4WDマシンに戦いを挑む。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集