英ジネッタがファービオを買収…最高のブリティシュスポーツカー開発へ

自動車 ビジネス 企業動向
F400(旧Farbio GTS400)
  • F400(旧Farbio GTS400)
  • F400(旧Farbio GTS400)
  • F400(旧Farbio GTS400)
英国のジネッタ社は16日、同じく英国のスポーツカーメーカー、Farbio社を買収したと発表した。同時に、シルバーストーンにおいて、ジネッタ『F400』を公開している。

ジネッタは1958年、英国に設立された老舗メーカー。現在はヨークシャーを拠点に、ロードカーやレーシングカーを生産している。2008年のロードカー『G50』に続いて、2010年1月に、最新レーシングカーとして『G40』を発表したばかりだ。

G40は、フォード製の1.8リットル直列4気筒「Zetec」エンジンをフロントに搭載。最大出力は150ps程度に過ぎないが、850kgという軽量ボディと組み合わせることで刺激的な走りを実現する。0 - 100km/h加速は6.5秒、最高速は225km/hだ。トランスミッションは5速MT、駆動方式はFRである。

一方、Farbio社は2005年、元レーシングドライバーのクリス・マーシェ氏によって設立された新興メーカー。2008年の半ばに『GTSシリーズ』を発表した。3.0リットルV型6気筒スーパーチャージャーをミッドシップに搭載し、最大出力は「GTS」が260ps、「GT300」が350psだ。

2008年11月には、GTSシリーズの最強版、「GTS400」を発表。コンピューターや吸排気システムの改良で、最大出力は410psへ引き上げられた。わずか1048kgのカーボンファイバー製軽量ボディとの組み合わせで、0-96km/h加速3.7秒、最高速度296km/hの実力を誇る。

GTS400は強化された心臓部に合わせて、APレーシング製の6ピストンブレーキキャリパーを採用。ローターもフロント350mm、リア328mmの大径タイプが奢られた。また、フロントスポイラーとディフューザーも追加。クラッチやトラクションコントロールも強化されている。

今回、ジネッタはスポーツカービジネスの強化を目指し、Farbio社の買収を発表。FarbioのGTS400を、ジネッタF400として発売すると宣言した。代表のクリス・マーシェ氏は、ジネッタのマネージングディレクターに就任する。

ジネッタのローレンス・トムリンソン会長は、「Farbio社のスポーツカーには、感心させられ続けてきた。2社の協力により、さらに優れたスポーツカーを生み出していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ジネッタ G40…英国製軽量レーシングカー 画像 ジネッタ G40…英国製軽量レーシングカー
  • 日産のEV リーフ、英国でも生産へ 画像 日産のEV リーフ、英国でも生産へ
  • オペル アストラ、英国発売30周年…累計販売300万台 画像 オペル アストラ、英国発売30周年…累計販売300万台
  • その名は「サメ」、ジネッタの軽量スーパーカーは940kgの車体に575馬力…ジュネーブモーターショー2019 画像 その名は「サメ」、ジネッタの軽量スーパーカーは940kgの車体に575馬力…ジュネーブモーターショー2019

特集

おすすめのニュース