日鉱金属と三井金属鉱業、チリでの銅開発を決定

自動車 ビジネス 企業動向
カセロネス銅・モリブデン鉱床の所在地。チリ第III州の州都コピアポから南東162km、アルゼンチンとの国境から15kmに所在。鉱床付近の標高は4200 - 4600m
  • カセロネス銅・モリブデン鉱床の所在地。チリ第III州の州都コピアポから南東162km、アルゼンチンとの国境から15kmに所在。鉱床付近の標高は4200 - 4600m
日鉱金属、三井金属鉱業が共同出資する銅事業会社パンパシフィック・カッパー(PPC)は、チリ国のカセロネス銅・モリブデン鉱床開発プロジェクトについて、開発への移行を決定した。

2006年5月の権益取得以降、鉱量確認探鉱、選鉱試験等に基づく経済性評価を実施してきた結果、開発は充分な経済性が見込まれると判断、チリ国第3州環境委員会による環境認可が採択されたため。

プロジェクトには、三井物産が25%の出資比率で参加する予定。

生産する銅精鉱はPPCグループの製錬所に供給し、これによってグループの自山鉱比率は20%弱から約50%に向上する見通し。製錬原料を安定調達する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 丸紅、チリでEV普及のためのインフラ整備に協力 画像 丸紅、チリでEV普及のためのインフラ整備に協力
  • 三井金属鉱業と住友金属鉱山、伸銅事業の統合時期を延期 画像 三井金属鉱業と住友金属鉱山、伸銅事業の統合時期を延期
  • 全固体電池の開発はどこまで進んだ?…新機能材料展2018 画像 全固体電池の開発はどこまで進んだ?…新機能材料展2018
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース