GM、米国工場で1200名追加雇用…新型 クルーズ 生産に対応

自動車 ビジネス 企業動向
シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
  • シボレークルーズ米国仕様車
GMは23日、米国オハイオ州ローズタウン工場において、1200名を追加雇用すると発表した。今夏、米国市場へ投入する新型シボレー『クルーズ』の生産開始に伴うものだ。

新型クルーズは、2008年10月のパリモーターショーでデビューしたGMの世界戦略小型セダン。ボディサイズは全長4598×全幅1797×全高1477mm、ホイールベース2685mmとコンパクト。すでに欧州や中国を含むアジア市場など、世界60か国以上で販売されており、デビューから1年4か月で、世界累計セールスは10万台を突破している。

GMは今夏、新型クルーズを『コバルト』の後継車として米国市場へ投入。2009年12月のロサンゼルスモーターショーでは、米国仕様車を公開した。エンジンは1.4リットル直列4気筒ターボで、米国EPA(環境保護局)燃費は高速で17km/リットル。生産は、米国オハイオ州ローズタウン工場で行う。

今回、GMはローズタウン工場の従業員を3300名から4500名へ、1200名増員。新たにサードシフトを導入し、クルーズの生産に対応することとした。すでにGMはクルーズ生産に関連して、5億ドル(約450億円)を投資すると発表しており、そのうち3億5000万ドル(約315億円)をローズタウン工場へ振り分けている。

GMノースアメリカのMark Reuss社長は、「最高の生産品質を持つローズタウン工場から、クラストップレベルの経済性を備えた新型クルーズをお届けする」と、自信をのぞかせている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集