ホンダ、ガスパワー耕うん機の販売が1万台を達成

自動車 ビジネス 企業動向
ガスパワー耕うん機 ピアンタ FV200
  • ガスパワー耕うん機 ピアンタ FV200
  • ガスパワーシリーズ商品使用イメージ
ホンダは17日、2009年3月に発売したガスパワー耕うん機『ピアンタFV200』の累計販売台数が1万台を達成したと発表した。

ピアンタFV200は、燃料に手軽さで移動・収納も簡単な家庭用カセットガスを使用するエントリー向けの耕うん機。「食の安全問題」もあって家庭菜園が人気を集める中、発売開始と同時に好調な販売が続き、発売から1年弱で累計販売1万台となった。

同社は、ピアンタFV200に続いて、手軽にアウトドアを楽しむためのツールとして家庭用カセットガスを燃料とするガスパワー商品を今後も展開していく方針で、今春には第2弾となるガスパワー発電機『エネポ』を発売する予定。さらに第3弾として、ガスパワー船外機の発売も決定している。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース