【CES 10】コンデジ初の自律測位搭載、カシオ ハイブリッドGPSカメラ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
EX-H10をベースにGPS機能を搭載した「ハイブリッドGPSカメラ」。GPS用に専用CPUを搭載したため、画像処理系に影響は与えていないという
  • EX-H10をベースにGPS機能を搭載した「ハイブリッドGPSカメラ」。GPS用に専用CPUを搭載したため、画像処理系に影響は与えていないという
  • 撮影した位置情報は内蔵する地図上にブルーで表示され、そこには撮影した方角も示される
  • 世界の観光スポットで約10000箇所もの撮影ポイントを収録。右側にはその場所で撮影できる散布画像が表示される
  • モニターの上部に用意された二つのスイッチ。左は現在地を呼び出すスイッチ、右は世界地図状態にするスイッチ。これが意外と使いやすい
  • 「ハイブリッドGPSカメラ」の背面。モニターは3型。光学10倍ズーム、CCDシフト手ブレ補正機能を備える。
昨年初め頃よりGPS機能を搭載するカメラが相次いで登場しているが、2010CESではさらに搭載機種を数多く見ることができた。その中で注目したのは、カシオが自社ブースで参考出品していた『ハイブリッドGPSカメラ』である。

カメラ自体は『EXILIM EX-H10』がベースとなっているが、新たにカメラヘッド部分にGPSレシーバーを搭載。これに加えてコンデジとしては初めてモーションセンサーによる自律測位システムを追加し、GPSが受信できない場所でも測位を可能としているのが最大のポイントだ。発売時期については「市場の動向を見ながら判断したい(カシオ関係者)」としており、価格や発売時期は検討中だという。

この「モーションセンサー」はカーナビにも搭載されているジャイロと加速度センサーを組み合わせたもので、さらに方角を自動的に認識できる電子コンパス機能を搭載。これによって、GPS衛星からの電波が届かない地下街などでも現在地を補足し、電子コンパスが撮影した際のカメラの向きまでも認識して記録する。

測位はカーナビと同様、1秒ごとに行ない、電源を切っていても30分に一度は補足を実行。これは大きく位置が移動すると次の補足まで時間を要するための措置と見られる。さすがにカーナビのような目的地までのルート案内は行わないが、指定した場所までの直線距離、歩数、消費カロリーも表示できるのは、おそらくカメラ系では初の試みと思われる。

また、主要観光地での撮影スポットをモニターに表示される地図上から把握でき、その数は全世界で約1万箇所。自分で撮影した場所を地図とリンクして表示することができるだけでなく、指定ソフトをPCにインストールすることでグーグルマップ等でその位置情報を表示することも可能になる。

GPS機能がデジカメに搭載されることで、旅の記憶として新たな使い方が期待できそう。携帯電話ではすでに標準化の方向で進んでいるし、デジカメもそうした流れになっていくのかもしれない。
《会田肇》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース