富士精工の第3四半期決算…大幅減収・赤字 自動車業界の設備投資抑制

自動車 ビジネス 企業動向
富士精工が発表した2009年3-11月期(第3四半期)の連結決算は、営業損益は17億2200万円の赤字に転落した。前年同期は3億3300万円の黒字だった。

売上高は前年同期比53.5%減の66億7600万円と半減した。取引先の自動車生産台数の大幅な減少と、資材品の在庫調整、専用工作機械の投資計画中止・凍結などにより、工具類の需要減退に歯止めがかからず大幅減収となった。

損益も生産能力が過剰で、固定費負担が重く、経常損益は16億4700万円の赤字、当期損益が17億6400万円の赤字となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 知多鋼業の第3四半期決算…自動車向け不振で赤字 画像 知多鋼業の第3四半期決算…自動車向け不振で赤字
  • 共和工業の第2四半期単独決算…赤字転落 自動車向け不振 画像 共和工業の第2四半期単独決算…赤字転落 自動車向け不振
  • 富士精工、熊本工場の操業を一部で再開 画像 富士精工、熊本工場の操業を一部で再開
  • 富士精工、中国子会社の消耗工具工場で火災発生…日本などでバックアップ生産 画像 富士精工、中国子会社の消耗工具工場で火災発生…日本などでバックアップ生産
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース