2009年の輸入車中古車販売…主要ブランド不振で7%減

自動車 ビジネス 国内マーケット
日本自動車輸入組合が発表した2009年の輸入車中古車登録台数は前年比7.0%減の49万3781台となり、マイナスとなった。

景気低迷の影響で中古車も輸入車の販売が低迷しているほか、スクラップインセンティブの影響で13年超の輸入車の中古車のタマが不足しているため。

車種別では乗用車が同6.7%減の47万0986台だった。トラックが同0.9%増の1万2547台だった。

メルセデスベンツが同4.5%減、フォルクスワーゲンが同5.1%減、BMWが同2.1%減となるなど、主要ブランドはほとんどが前年割れとなった。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース