神宮外苑、1日限りの自動車博物館

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
左から1886年ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン(レプリカ)、1899年ド・ディオン・ブートン 1 3/4HP、そしてi-REAL
  • 左から1886年ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン(レプリカ)、1899年ド・ディオン・ブートン 1 3/4HP、そしてi-REAL
  • トヨタ博物館所蔵の1938年ブガッティT57C。ブガッティも今年で100周年である
  • トヨタ博物館所蔵の1959年BMWイセッタ300(左)と1965年ジャガーEタイプ
  • トヨタ博物館所蔵の1939年パッカード・トゥエルブ。フランクリン・ルーズベルト大統領の愛用車
  • 1929年シボレー・インターナショナル。木製のホイールに注目
  • 今回2台参加したトヨタ2000GT。手前が後期型
  • トヨタだけではなく日産車も参加。右から1938年ダットサン・フェートン、1954年オースチンA40サマーセット(日産製)、1971年日産ブルーバード
  • 1966年トヨタカローラ。初代のカローラは1100ccであった
トヨタ博物館主催の「トヨタ博物館クラシックカーフェスタin神宮外苑」が11月28日に、東京の明治神宮外苑聖徳記念絵画館前にて開催された。

東京で開催されるトヨタ博物館主催のクラシックカーイベントとしては3回目で、今年も、内外のクラシックカーが100台ほど参加した。

トヨタ博物館からは、パッカード『トゥエルブ』(ルーズベルト専用車)やブガッティ『T57C』などの大型車からBMWイセッタ『300』といったマイクロカーのほか、一般オーナー保有の車両も多数展示され、1日限りの自動車博物館といった様相であった。

また、今年は「自動車100年の歴史」をテーマに、トヨタ博物館所蔵の世界最初のガソリン自動車1886年ベンツ『パテント・モトールヴァーゲン』(レプリカ)や自転車のようなペダルのあるガソリン自動車1899年ドディオン『ブートン1 3/4HP』と、近未来パーソナルモビリティ『i-REAL』の3台が同時展示及びデモ走行が行われたり、一般オーナーの一部車両によるパレードラン、展示車の人気投票、会場内のスタンプラリーを開催するなど大人から子供までが楽しめるイベントとなっていた。
《内田俊一》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース