椿本チエイン、名古屋証券取引所から撤退

自動車 ビジネス 企業動向
椿本チエインは、名古屋証券取引所からの上場から撤退する。

同社は、東京、大阪、名古屋の国内3証券取引所に株式を上場しているが、経費節減と事務の合理化を図るため、取引高が少ない名古屋証券取引所に対し上場廃止を申請することにした。東京、大阪での両証券取引所での上場は継続する。

11月12日に名古屋証券取引所に上場廃止を申請、受理後は整理銘柄に指定され、原則1か月後に上場廃止となる予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • アイシン精機、大阪証券取引所の上場を廃止 画像 アイシン精機、大阪証券取引所の上場を廃止
  • クラレ、大阪証券取引所の上場廃止を申請 画像 クラレ、大阪証券取引所の上場廃止を申請
  • 川島織物セルコン、大阪証券取引所への上場を廃止 画像 川島織物セルコン、大阪証券取引所への上場を廃止
  • 椿本チエイン、子会社が自動車部品の品質データで不正 画像 椿本チエイン、子会社が自動車部品の品質データで不正

特集

おすすめのニュース