職務質問を振り切って逃走、警官をひきずった少年逮捕

自動車 社会 社会

28日夜、東京都江戸川区内で、交通違反を行ったクルマの運転者に職務質問を行おうと警官が接近したところ、このクルマが急発進。逃走を阻止しようとしたこの警官が約150mに渡ってひきずられる事故が起きた。警察は後に18歳少年を逮捕している。

警視庁・小松川署によると、事件が起きたのは28日の午後9時15分ごろ。江戸川区瑞江(N35.41.46/E139.54.0)付近の区道をパトロールしていた同署員が信号無視を行ったワゴン車を発見。抑止を命じた。

27歳の巡査長が運転していた若い男に職務質問を行おうと接近したところ、男はクルマを急発進させた。巡査長は逃走を阻止しようとドアにしがみついたがひきずられ、約150m先で振り落とされた。巡査長は左足を打撲する軽傷を負っている。

警察では公務執行妨害事件として捜査を開始したが、クルマは約10分後に現場に戻ってきたため、警察は運転していた18歳の少年を同容疑で緊急逮捕した。

調べに対して少年は容疑を大筋で認めているが、警察では余罪についても追及する方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集