昭和シェル第3四半期決算…石油製品不振で当期赤字345億円

自動車 ビジネス 企業動向
昭和シェル石油が30日に発表した2009年1-9月期(第3四半期)の連結決算は、当期赤字が345億円となった。前年同期は621億円の黒字だった。

売上高は前年同期比43.9%減の1兆4517億円と大幅減収となった。石油製品、石油化学製品の販売数量が減少したため。

損益では売上げ減に加えて、期初のたな卸資産の影響も影響して営業損益は541億円の赤字、経常損益は536億円の赤字となった。

通期業績見通しは売上高が同37.1%減の2兆0600億円、営業赤字が450億円、経常赤字が450億円、最終赤字が320億円と赤字幅が前回予想よりも拡大する見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JOGMEC、アラビア石油子会社のイメ油田再開発資金を債務保証 画像 JOGMEC、アラビア石油子会社のイメ油田再開発資金を債務保証
  • 出光、減産を継続…11月計画 画像 出光、減産を継続…11月計画
  • 横浜ゴム9月中間期決算…タイヤ事業不振で赤字転落 画像 横浜ゴム9月中間期決算…タイヤ事業不振で赤字転落
  • 新日鉄9月期決算…経常赤字869億円 画像 新日鉄9月期決算…経常赤字869億円

特集