マセラティ グランカブリオ、北米では別の車名に

自動車 ニューモデル 新型車

グラントゥーリズモ コンバーチブル
  • グラントゥーリズモ コンバーチブル
  • グラントゥーリズモ コンバーチブル
  • グラントゥーリズモ コンバーチブル
  • グラントゥーリズモ コンバーチブル
  • グラントゥーリズモ コンバーチブル
  • グラントゥーリズモ コンバーチブル
マセラティは、9月のフランクフルトモーターショーで初公開した『グランカブリオ』を北米などの市場に投入すると発表した。車名は『グラントゥーリズモコンバーチブル』に変更される。

グランカブリオは、『クアトロポルテ』、『グラントゥーリズモ』に続くマセラティ第3のモデルレンジ。マセラティとしては初の4シーターオープンだ。グランカブリオのベース車は、2ドアクーペのグラントゥーリズモ。このグラントゥーリズモをベースに、ピニンファリーナが設計したソフトトップを装備したのが、グランカブリオである。トップの開閉は全自動で、スマートに格納される。

ボディサイズは全長4881×全幅1915×全高1353mm、ホイールベース2942mm。スーパーカークラス最大級の2942mmのロングホイールベースがもたらす、大人4名がくつろげる快適な室内空間が売りとなる。

エンジンは『グラントゥーリズモS』と共通の4.7リットルV8(440ps/7000rpm、50kgm/4750rpm)。ZF製の6速ATと組み合わせられ、0‐100km/h加速5.4秒、最高速283km/hの優れたパフォーマンスを発揮する。前後重量配分は49対51と理想的なバランスを追求した。

新型グランカブリオは、2010年春から納車がスタート。今回、米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドへの投入が発表された。これら5市場での車名は、グラントゥーリズモコンバーチブルに決定。グラントゥーリズモの派生車種であることを明確にしたマーケティング戦略だ。

ちなみに、日本での車名は欧州と同じく、グランカブリオとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集