古河電池、09年9月中間期業績見通しの収益を上方修正…子会社が寄与

自動車 ビジネス 企業動向
古河電池は、2009年9月中間期の連結決算業績見通しを修正した。

売上高は170億円と前回予想を据え置いたが、営業利益は2億円を予想していたが、7億円となった。子会社の利益増が寄与したほか、経費圧縮の効果が現れた。

経常利益も前回予想よりも4億5000万円増の6億円となった。当期純利益は1億円を予想していたが3億5000万円となった模様だ。

通期業績見通しは現在精査中で、中間決算発表時に公表する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日産と住友商事、バッテリーを有効活用するための共同事業を開始…4R事業戦略 画像 日産と住友商事、バッテリーを有効活用するための共同事業を開始…4R事業戦略
  • 新神戸電機、発電制御車対応バッテリーを発売へ 画像 新神戸電機、発電制御車対応バッテリーを発売へ
  • 【東京モーターショー09】親子で「電池自動車づくり」 画像 【東京モーターショー09】親子で「電池自動車づくり」
  • シャープ、変換効率35.8%の太陽電池セルを開発…世界最高 画像 シャープ、変換効率35.8%の太陽電池セルを開発…世界最高

特集