シトロエン名東、新ショールームデザインでオープン

自動車 ビジネス 企業動向
新CIを採用し、赤と白で統一されたデザインにリニューアル
  • 新CIを採用し、赤と白で統一されたデザインにリニューアル

プジョーシトロエンジャポンは14日、ホワイトハウスが運営する「シトロエン名東」を移転リニューアル、シトロエン新CIに準拠した日本で始めてのシトロエン正規販売拠点としてオープンすると発表した。17日より営業を開始する。

シトロエン名東は、新CI(コーポレート・アイデンティティー)に基づき、シトロエンのブランドシグネチュア「Creative Technologie(クリエイティブ・テクノロジー)」をイメージさせる、赤と白のブランドカラーを基調にデザインされた新ショールームデザインを、日本で初めて採用。ショールーム内の家具、什器から床材に至るまでを一新し、アヴァンギャルドな雰囲気をアピールする。

同拠点は、東名高速自動車道の名古屋インターチェンジ近くに立地。敷地面積531平方m、ショールーム面積平方mに新車3台、敷地内には認定中古車3台を展示する。アフタサービス工場には2つのサービスベイを有し、新車販売、中古車販売、アフターセールスの機能を果たす。

また、シトロエン名東では17日から18日にかけてオープニングフェアを開催する。

《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース