川崎重工、中・小型ロボットの新機種を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
川崎重工業は、中・小型ロボット「Rシリーズ」で最大機種となる『RS50N』と『RS80N』を11月1日に発売する。

今回発売する2機種は最大可搬質量50kgと80kgの垂直多関節型ロボットで、前モデルである「Fシリーズ」の相当機種と比べて可搬質量をそれぞれ5kg、20kgアップすると同時に、最大リーチ2100mmのままで合成最大速度を約40%向上した。

Rシリーズは、Fシリーズの性能をさらに進化させ、速度、手首トルク、慣性モーメント、繰返し精度などの性能を大幅に向上させた最新鋭機種。アーム本体質量を7%軽量化した一方で、従来60kgだった最大可搬質量を80kgに増大し、組立・ハンドリング、シーリングなどの幅広いユーザの自動化要求にきめ細かく対応できる。

今後は『RS10L』、『RS20N」に加え、『RS03N』、『RS05L』、『RS06L』、『RS30N』などの機種を追加し、ラインナップを充実させる。

RS50Nは450万円、RS80Nが500万円。両機種とも11月25 - 28日に東京ビッグサイトで開催される国際ロボット展に出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集