フィアット 500C、イギリス人気女優に納車…「こどもも楽しみにしてた」

自動車 ビジネス 海外マーケット
500Cと英国ロンドン在住の人気女優アンジェラ・グリフィンさん
  • 500Cと英国ロンドン在住の人気女優アンジェラ・グリフィンさん
  • 500Cと英国ロンドン在住の人気女優アンジェラ・グリフィンさん
  • 500Cと英国ロンドン在住の人気女優アンジェラ・グリフィンさん
フィアットは8日、英国ロンドン在住の人気女優、アンジェラ・グリフィンさんに『500C』を引き渡したことを明らかにした。

アンジェラ・グリフィンさんは、1976年生まれの33歳。英国「ソープオペラ」(日本の昼ドラに相当)のスターだ。1992年に『エマーデイル』で女優デビューを飾り、1993‐98年の『コロネーションストリート』で不動の地位を獲得。現在は『ウォータールーロード』に出演中だ。

そんなアンジェラ・グリフィンさんが愛車として選んだのが、フィアット『500』のオープン仕様である500C。名車『チンクエチェント』を思わせるキャンバストップを採用し、日本でも239万円からの価格で発売されたばかりだ。

納車式は5日、英国ロンドンにあるフィアットのフラッグシップディーラー、「フィアットメアリルボーン」で実施。1.2リットル直4(69ps)搭載の「1.2ポップ」グレードのキーが手渡された。

待望の愛車を手にしたアンジェラ・グリフィンさん、「2人の子どもたちも500Cの屋根を開けて走るのを楽しみにしてるわ」と、笑顔を振りまいた。

500Cは英国在住のスーパーモデル、エル・マクファーソンさんにも、今夏納車されたばかり。ロンドンのセレブの間では、500Cに乗るのがちょっとした流行になっているようだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集