新日石、特約店2社の管理部門を子会社に移管

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油は25日、同社子会社特約店2社の管理事業を同じく子会社のENEOSフロンティアに移管すると発表した。

特約店2社の管理事業をENEOSフロンティアに移管することで、重複するサービスステーション(SS)ネットワークの再編、競争力の強化、特約店の本社管理費の削減を進める。

管理事業を移管するSSは、斐太石油と太平石油・新日本石油が2社の管理部門を分社化して、11月1日付けで、ENEOSフロンティアに移管する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集