【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
  • 【東京ゲームショウ09】FF13、大神伝など注目タイトルの体験も 27日まで
幕張メッセ(千葉市)で9月24 - 27日にかけて、コンピューターエンターテイメント協会主催、日経BP共催のもと、「東京ゲームショウ2009」が開催中だ。

今年は、“GAMEは、元気です”をテーマに、国内を問わず海外からも多くの出展がなされている。

会期中には、日本ゲーム大賞の各賞の受賞作品の発表授与式が行われる。26日には、アマチュアの参加者が製作した作品を選考・表彰する「アマチュア部門」。27日には、会場に展示された未発売の作品を表彰する「フューチャー部門」の発表授賞式が行われる予定。

また、経済産業省の委託事業として、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」と連動し、昨年に引き続き「クリエイターズトークショウ」、「CoFestaメインブース」、「CoFesta親子ブース」を開催する。これらの企画を通して、ゲームの魅力や今後の更なる可能性について来場者に紹介するとしている。

12月に発売が決定した『FINAL FANTASY XIII』や2010年発売予定の『大神伝 - 小さき太陽 - 』などの体験コーナーには開催と同時に多くの人が集まるなど、注目度の高さを見せている。

一般公開日は26 - 27日。開催時間は10時00分からとなっている。入場料は、小学生以下は無料となっており、中学生以上は当日券で1200円。
《佐々木誠》

編集部おすすめのニュース

特集