エコカー減免税対象車割合61.4%…8月実績

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会は、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の対象となって自動車重量税・自動車取得税が減免となった8月販売実績を公表した。

8月に減免税の対象となった販売台数は登録車・軽自動車(重量車除く)が17万8324台となり、販売台数全体に占める減免税車の割合は61.4%となった。前月よりも0.8ポイントアップした。自動車メーカー各社が減税対象になるようモデルの改良を進めていることから、販売全体に占める減免税対象車の割合が拡大している。

このうち、免税対象車は3万3652台で、75%軽減対象車が8万3567台、50%軽減対象車が6万1105台だった。

また、重量車で減免税対象となったのは3525台で、販売台数全体に占める割合は48.0%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集