青木自工会会長、エコカー補助金の延長は状況見て

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会の青木哲会長は17日の記者会見で、今年度限りの措置として導入されているエコカーへの補助金制度について、現時点で延長を政府に要請するのは時期尚早との立場を示した。

青木会長は、「補助金制度は“緊急的対応”として導入されたものであり、現時点で(延長要望の必要性を)判断するのは難しい」と指摘した。

そのうえで今後、「景気動向も含め詰めていきたい」と述べ、状況を見ながら対応する意向を示した。自動車業界内には、来年度以降の補助金継続を期待する声も出ている。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集